カラ梅雨

はいさい!

風森メンバーのユキオです。

久米島の梅雨入りは5月7日なんですが、さっぱり雨が降りまへん・・・。

いわゆる“カラ梅雨”ですわ。

観光客の方にとっては恵みの天気ですね!

しかし、島に住んでいる人にとっては恵みの雨が欲しい!ところです。

とにかく暑っ!  そして湿度が高っ!

   久米島で1番高い場所からの眺め

 

何より農作物には恵んで欲しい〜ってことで、

ちゃんと昔から雨乞いの祭事があるんですね。

また近々その様子も見れる予定なのでレポートします。

 

カラだけど梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、風森の現場も順調に工事が進んでおります。

    暑い中、朝から夕まで進行中

来週月曜日には、今年度初めての「風森キックオフ」が開催されます。

それに向けての準備をして、今後のプロジェクト推進に弾みをつけていきますよ〜!

島そば食べて、チバリます!

      島そば美味しさ〜♬

それではまた!!

建設チームの紹介

梅雨入りした久米島よりこんにちは♪

風の帰る森運営事務局の有紀です。

 

梅雨の間は、

『湿度が高くて革製品はカビてしまうよ』

『洗濯物が1週間は乾かないさ〜』

と島の人から聞き「久米島の梅雨はどないなんやろう…?」とビビっています。

梅雨入りしたばかりですが、もう既に明日にでも梅雨明けしてほしいと切に願うこの頃です。

 

さて今回は風の帰る森本館工事において重要な方たちを紹介します。

 

まずは現場監督の与那嶺さん。

現場監督は各作業への指示出しや施工状況の確認、安全・品質管理など現場運営に関する事を中心に仕事内容は多岐に渡ります。

業界歴30年以上の与那嶺さんは「趣味=仕事」と即答する程、仕事一筋な方です。

釣りもお酒も好きですね〜

工事が日々安全に進むのは与那嶺さんを中心とする現場工事のメンバーがいてこそなのですね!

 

そして次に紹介するのは構造設計担当の森永さん。

構造設計とは台風や地震などが来ても倒れないかどうかなど、周辺の環境や条件を考慮しながら建物の構造的な安全性を計算するのがお仕事です。

森永さんは普段東京を拠点にお仕事されていますが工事の進捗に合わせて来島し、現場での監理業務をされています。

久米島には月1程度で来ています

現在久米島で空き物件を探していらっしゃいますので、情報お持ちの方はぜひ一報お願いします!!

 

最後に紹介するのは設計サポートの高橋さん。

 

図面を前に楽しそう!

風森本館の設計業務に関する全般的なサポートをされています。

高橋さんも普段は東京を拠点にお仕事されていますが、度々来島し現場の状況をリアルタイムで共有しています。

 

このように紹介した3人以外にもたくさんの方が風森プロジェクトに

携わっており、一緒にコツコツコツコツ…創造しています。

 

次回?は風の帰る森総合プロデューサーの堀野さんの紹介です!

お楽しみに♪

GW =ゲンキウィーク!

こんにちは♪

ゴールデンウィークが終わり今日から通常営業に戻る方も多いのではないでしょうか。

梅雨入る直前(?)の久米島ですが、連休中は比較的お天気に恵まれました。

島の各所では色々なイベントが開催され、あちこちで賑わっていましたよ♪

カラフルな鯉のぼりたち

さて我が家はというと、太陽と自然を求めて島のあちこちへお出かけしました。

その一部をちょこっと紹介。

ある日は登武那覇(トゥンナハ)園地へ。

ガイドブックには載っていないオススメの場所

島の東〜南側が一望できる絶景スポットであり、はての浜はもちろん近隣の島が見える場所です。

広い芝生を走ったり、芝の上をダンボール滑りをしたり、

バッタやコオロギを探したり…時間を忘れて自然を楽しみました。

 

そして別の日は畳石へ。

沖縄県指定天然記念物の畳石

亀の甲羅のような岩が特徴的な畳石。

ここは干潮時だけ現れるのですが、岩の上の窪みや隙間には小さな魚やヤドカリなど海の生き物がたくさんいます。

ツルツル滑るので足元要注意ですが、海の生き物観察には絶好の場所です。

 

また別の日は朝〜夕方まで公園や庭で遊んだりと、とにかく元気に過ごしました。

 

まさに我が家にとって今年のゴールデンウィーク(Golden Wweek)は

ゲンキウィーク(Genki Week)でした!

 

でも全ては久米島のバラエティに富んだ豊かな自然のおかげです。

大人も子どもも、この豊かな自然から学び、時には遊び場として楽しめる場所が島にはたくさんあります。

 

みなさんは何処でどんなゴールデンウィークを過ごされましたか?

 

では今日はこの辺で。

ある日の打ち合わせ風景

まいど〜!

五月晴れが気持ちいい久米島です。

 

世間はGWということで、長い方で9連休ですね!

僕も去年まではガッツリ休暇を取っていましたから、Facebookで時折あがってくる過去の投稿をみると、ほぼ1人または家族旅行に行っていました。

3年前には、結婚式を挙げていました!(今朝、過去の投稿見てハッと!)

月日が経つのは早いですね! 歳を重ねるごとに感じます。

 

さて、先日「風の帰る森」ミーティングを 風人カフェで行いました。

打ち合わせの様子(右奥筆者)

役場担当者と膝付き合わせ、プロジェクトについて色々と話しました。

これから徐々に島内外へ発信してゆき、目的、目標に向けてのプロセスを歩んでいきます。

 

突然ですが、ここで1人ご紹介します。

風森プロジェクトの役場担当者である長濱主任です。

いつも笑顔の長濱主任(^^)

長濱主任(愛妻家)は、役場のプロジェクト推進課に所属されており、担当になって2年目です。我々も非常に頼りにしておりお世話になっています。

今後も公民一体となって協業していきますので、よろしくお願いいたします。

 

それでは、素敵なGWを〜

島野菜

はいたーい♪

 

島ではデイゴの花が綺麗に咲く時期になりました。

沖縄ではデイゴの花の咲き具合でその年の台風の当たり年かどうかを占うらしいです。今年はどうなんでしょうか…

 

さて久米島に来て早くも丸2ヶ月が経とうとしています。

ありがたい事に最近は島の方から島で育った野菜をたくさん頂くようになりました!

立派に育ったヘチマとパパイヤたち

巨大サイズのキャベツ、たくましく育ったホウレン草、甘みが強いかぼちゃ、カリフラワー、じゃがいも、黄色い島ニンジン、玉ねぎ…など様々な種類の野菜をたくさん頂きます。

 

そんな中でも京都出身の私にとって馴染みのないヘチマにはびっくり!

ヘチマと言えばガチガチ堅い『ヘチマタワシ』を連想してしまう私ですが…、

こちらでは食用ヘチマは食材としてとってもポピュラーなんです。

ヘチマはそのほとんどが水分で出来ていますが、カリウム、食物繊維、ビタミンC、サポニン等を含み低カロリーで栄養満点!

調理する上で注意する点は2つ。

水分が多く高温調理には不向きなので、弱火でじっくり炒めること。

淡白な野菜なので濃いめに味付けする事が大事だと教えてもらいました。

またヘチマは熱を加えるとタネも食べる事が出来、炒めると『とろっ』とした独特の食感になります。

我が家ではヘチマと豚肉の味噌炒めを作り美味しく頂きました♪

 

さて次はどんな島野菜と出会うか楽しみです〜!

 

 

自己紹介

こんにちは。

と言いつつ、実は今、夜です。

初めまして。風森メンバーの宮良耕史郎と申します。
新しく出来た風森のウェブサイト、良い感じですね。
自己紹介させてくださいね。

僕の出身は石垣島、両親の仕事の都合で沖縄本島で育ちました。
縁あって久米島に移住して早15年。島で木工業を営んでおります。
風森のプロジェクトでは、建物の内装や家具など、
あるいは今後計画として挙がっている、里山づくりやモノ作り工房などで
お力になれればと考えています。

五え松工房:宮良耕史郎 Webサイト

http://www.goematsu.com/

では、せっかくの自己紹介ですので好きなものの話でも。
趣味は、料理、お酒、キャンプ、音楽鑑賞、読書、映画など。
仕事と家事を片付けたら、夜から庭に出て、
ランタンの灯りでまったりお酒を飲むのが最近のマイブーム。
すっかり暖かくなりましたもんね。良い時間です。

それから、最近ご飯が妙においしくて、3キロほど体重が増加してしまいました。
なので筋トレや有酸素運動を生活の中に取り入れ始めました。
どうか効果が上がりますように。

さて、「風の帰る森プロジェクト」。
これから関わるお仕事や人々に、ワクワクしたりドキドキしたりしています。
何より、「楽しんで」やれるかどうかがとても大切なことかもしれません。
久米クリのメンバー、新しくメンバーに加わった上月夫妻と共に、
プロジェクトを通して成長していけたらと思います。

みなさま、どうぞこれからよろしくお願いします。

現場定点観測更新中です!

はいたい〜!

今日は久しぶりにカラッ晴れて気持ちいい青空が広がる久米島です。

お天気が良いと海の色が刻々と変わり、色んな海の色を見せてくれます。

さてお気づきかも知れませんが、風の帰る森工事現場の様子を随時更新中です。

基礎工事を中心に着々と進んでいます

 

過去の様子〜現在まで定点観測で見ることができるます。

ぜひのぞいて見てくださいね!

 

 

銭田森林公園

こんにちは♪

4月に入り爽やかで過ごしやすい日が続く久米島です。

今回は風の帰る森建設予定地である銭田森林公園について紹介します。

銭田森林公園は久米島の東、

リゾートホテル久米アイランド裏の山手に位置しています。

銭田という集落を目指し山に向かって進むと公園へ続く道が現れます。

勾配がある坂道を一気に上がると…

到着!

ふかふかの芝生が広がる広場からは青く澄んだ海が一望できます!

海抜40mからの絶景。はての浜、周辺離島を望めます
芝生を歩くたびにバッタがピョンピョン!

また公園の周囲は原生林に囲まれているので

森林浴を楽しみながら散策できます。

ガジュマルの樹。キジムナーに会えるかも!?

島民にも人気の公園で散策したりピクニックにぴったりの場所です。

鳥のさえずり、山に吹く風の音、風に揺れる木々の音、波の音、

土の匂い、植物の香り…

普段意識しないと聞こえない音や匂いがここには溢れています。

このような豊かな自然環境の中に風の帰る森施設を建設中です。

どんな施設?

そこで何ができる?

については今後紹介しますね。

では今日はこのへんで♪

新年度ですね〜♪

はいさい〜♪

4月になりましたね!

新年度ということで新たな気持ちでいきましょうね〜。

 

我が家も息子が保育園の進級式(つき組→そら組)でした。

入園・進級した子供合わせて総勢100名近い園児がいて、泣き笑いとても賑やかでした。この子達にも役立つ「風の帰る森」づくりに貢献するからね〜と、身の引き締まる思いにもなりました。

 

さて話は変わりますが、昨日はエイプリルフールでしたね。

だからと言って「嘘」はついていないんですが、家族でドライブをしている時に知り合いの農家さんにバッタリ会ったんです。

そうすると、「持って帰りなさいね〜」とピチピチの大きなキャベツにネギ、パクチーなど野菜をモリモリいただきました! 思わず「嘘でしょ!?」

「安心してください!」 本当でした。

このようなキセキ(こちらではよくある?)が起きておかげさまの月始まりとなりました。感謝です!

 

さあ、久米島のベストシーズンと言われる4月!

近い将来、「風の帰る森」でお会いできる日をイメージして

過ごしやすい日々をワイワイ楽しみましょうね〜♪

新メンバーの自己紹介

はいたい〜♪

『風の帰る森』事務局の新メンバー上月有紀です。

先日、田場からも紹介がありましたが2月から家族3人で久米島での生活をスタートしました。

私は生まれも育ちも京都です。

アウトドア、スポーツ好きな両親の影響で小さな頃から自然に触れる事が好きでした。

好奇心旺盛な性格で自分の目で見て、五感で感じて確認しないと納得できないタイプです。

 

迷ったらGO

進めば分かる!

 

をモットーに色々な事にチャレンジしてきました。

そんな私は旅をすることが大好きです。

国内外問わずバックパック1つで色んなところを訪れました。

中でも久米島は訪れる度に出逢いと発見があり、心が温かくなる特別な場所です。

(久米島移住に至った経緯は夫である上月幸雄の記事を参考にして下さい)

夫婦共に久米島に惹かれ、ご縁頂きプロジェクトに携わる事になりました。

 

今後一人でも多くの人に求められ、訪れる人を育む『風の帰る森』を創っていきたいと思います。

最後に新メンバーとして受け入れて頂いた関係者の皆様に心から感謝します。

では今後プロジェクトの進捗について共有しましので応援して頂けると嬉しいです。

 

これからもよろしくお願いします!