風森プロジェクト賛同に感謝!

ハイサイ! 帰風舎 事務局です。

久米島も秋が深まったのか、朝夕が寒くなってきました。ようやく長袖シャツを着る機会も増えてきました。会話にも「寒いね〜」が出てくる今日この頃です。

さて、風の帰る森プロジェクトが2015年に発足し、そのビジョンを実現していくための法人の1つとして設立された「一般社団法人久米島風の帰る森」改め、「一般社団法人帰風舎」は、丸3年が経過し、昨年に拠点となる交流施設「風の帰る森」が完成しました。その後プレ企画(久米島キッズケアラボや福島県伊達市の子どもたちの保養など)として少しずつ稼働し始めてから1年が経とうとしています。

スタッフ一同、非常に濃ゆい時を過ごさせていただいていると改めて思います。

本プロジェクトは、久米島町総合計画にも謳われる課題解決に繋がるものでもあり、本質は本当に遠く未来を見据えられたものです。この一部を事業として携わる帰風舎一同にとっては、日々真剣に向き合っていく課題がいくつもあります。

それらは日々の積み重ねなしでは決して辿り着けないものですが、その都度、みんなで考え、意見を出し合い、「どうすれば前に進められるのか」その方法にフォーカスをあて、半年や1年あるいはもっと月日をかけて取り組んでいる事がいくつもあります。

それらのタネとなる想いは、発起人や支援してくださった方々により名称である「風の帰る森」に込められています。

発起人である堀野氏曰く、「自然に対する畏敬の念」と「人が帰ってくる暖かい場所」という2つの想いを込めていると。風と森と海の循環を大切にし、自然に対して礼節と畏敬の念をもって接すること。そして、この場所を訪れた人が大きくなって風のように世界を旅しても心の拠り所として帰ってくることができる場所であること。

「風の帰る森」という言葉にはそんな想いが込められています。

その想いに賛同してくださる人・企業がいます。

現スタッフたちも皆その1人ですが、全国から「ふるさと納税」で関わってくださる方々、地域から「ボランティア・サポート」といった形で支えてくださっている方々がいます。

そして、久米島から遠く離れた新潟県三条市に本社のあるキャプテンスタッグ 株式会社、大阪府吹田市に本社のあるデューク株式会社(紫外線から目を守るNPO活動啓発もされている)といった企業からも想いに賛同いただき、それぞれの強みでもって一緒に活動させていただいております。

キャプテンスタッグ ×風森文庫
キャプテンスタッグ ×風森学童クラブ
デュークのサングラスで紫外線対策し、ビーチクリーン大作戦
デューク×風森学童クラブ(おまけ)

これら一部ですが、いずれも非常に有効活用させていただいており、今後も久米島の自然再生に繋がる活動を共に行なっていきます。

本当にありがとうございます!感謝しています。

かつてサトウキビではなく田園風景が広がっていた久米島は、里山や里海といった生を営むために欠かせない自然との共存が根付いていました。今では姿カタチを変えていますが、それらが一因で赤土流出やゴミ処理の問題など環境に及ぼす影響には警鐘が鳴らされており、このままでは近い将来に起こるべくして次々と今の子どもたちが問題を背負わされることになります。

イーフビーチの白い砂浜で遊ぶ島の子どもたち

本プロジェクトは、銭田・島尻エリアでの社会実験的な実践も重ねながら、本質に沿った成果を出していきます。それらをきっかけに島全体、それを超えた周辺離島や沖縄本島、そして日本全体へ波及していくところまで繋がると信じています。

その長く険しいであろう道を小さく歩み始めた「風の帰る森交流施設」と「一般社団法人 帰風舎」の活動に賛同くださる人・企業との出逢いを必然、必要、ベストなタイミングで引き合わせていけるように自己研鑽していきます。

機会あれば是非、久米島へお越しください!スタッフ一同お待ちしています。

あんしぇー、またやーさい!

塩原の山を背にした「風の帰る森」交流施設

地域との繋がり

ハイサイ! 帰風舎 事務局です。

久米島は、涼しくて過ごしやすい気候です。だからこそ“草刈り”を実行!!

昨日は、地域の方々にもお声をかけさせていただき、有り難いことに多数の方々がボランティアで参加くださいました。

参加いただいた方々は、久米島高校の生徒さん、地域おこし協力隊(島コン)、スタッフのお知り合い、以前に宿泊いただいた方、町の議員さん、そして字銭田の区長をはじめ集落の方々・・・、朝からこんなにたくさん心強い皆さんが集まってくださり、本当に感動しました。

その他、参加はできないけど道具を貸してくださった方々もおられ、今回の草刈りが成り立ちました。ありがとうございました!

草刈りといっても家の庭をやるような甘いものではなく、風の帰る森は銭田森林公園内に在るので、建物周辺は草木だらけですし、広大です。

定期的に刈らなければどんどん生い茂り、危険なところも出てきます。森林に住んでいる生き物たちとの共存、自然への畏敬の念を持ちつつ、できる範囲を決めて実行しました。

集まって来てくださった参加者たち
各自が道具を持っての作業様子
刈った後の草木を集める方
高校生も大活躍!
集落の方々
何度も車で回収・・・有り難い
風森スタッフも

途中、休憩を入れたのですが、作業している皆さんにと地域の飲食店「やま玄」さんから有り難いおにぎりの差し入れをいただきました!!!

「やま玄」さんから差し入れ・・・感激!

興奮のあまり近距離での撮影ですが、おかず付きで数十個も用意くださいました。めちゃくちゃ有り難く感激しました。

参加の皆さんも喜ばれていましたし、ホッとした時間となりました♪

お昼ごろまで作業し、当初決めていた範囲を超えて無事に終了しました。刈った雑草はご覧のとおり!スッキリしました。

雑草が盛りだくさん!(ほんの一部です)

こういった活動を通じて、地域の方から聴く昔の暮らしや遊びは里山の風景が広がり、ゆったりして豊かさを感じるものでした。

大胆な観光地的な開発はNO!

地域の伝統文化を汲み取り、新しいものとかけ合わせるような考え方で、今後の地域発展を一緒に作っていけたらという有意義な話もできました。

手付かずには良い面があるものの、逆の面もあると思います。

帰風舎は、自然再生に繋がる活動にも目を向けて、地域発信の提案をしていきます。

草刈りに集まってくださった方々のように、同じ方向に進める方を個人、企業問わずに出会えることを楽しみにしながら、地域との繋がりを大切に育てていきます。

また定期的に実施しますので、ぜひその時はご参加いただければ幸いです。

感謝しかない!風森草刈り会のレポートでした。

あんしぇー、またやーさい!

風森利用の例

ハイサイ! 帰風舎 事務局です。

先日、久しぶりにまとまった雨が降ってから少し肌寒さも感じる今日この頃ですが、この時季は過ごしやすくて好きです。

さて現在、公共性のある一般開放は行なっていませんが、有料での施設利用は可能となっています。(*事前申請が必要です。)

今回は、直近で施設利用いただいた例をひとつ挙げてご紹介したいと思います。

利用者が設置したイベントスケジュール @図書室

貸し出しさせていただいたのは図書室(午前のみ)でした。そのほか共用トイレ(おむつ交換台付)や授乳室なども利用いただき、小さなお子様連れにも対応しています。

参加者の受付の様子 @土間

この日は、未就学児連れの親子が10組ほど参加され、図書室でゆっくりと過ごされる企画をされていました。はじめて訪れる風の帰る森に大人も子どももワクワクされた感じで施設内を楽しんでおられました。

みんなで2階の図書室へ @1階

企画された団体の方々が、事前にしっかり準備をされていたので非常にスムーズに移動され、スタッフ全員で親子を見守りながらゆったりと過ごされていました。

図書室での様子1 @2階

参加された方の事後アンケートを共有いただきましたが、図書室が気に入ったというコメントが多く記入されていました。そのほか、ここから見える景色が素敵とか、木のぬくもりを感じられるところが良いなど、嬉しい感想が多かったです。

図書室での様子2 @2階
図書室での様子3 @2階

参加者向けの施設内ツアーもさせていただきました。風の帰る森のストーリーを共有させていただける機会は非常に貴重で毎度のこと緊張しますが、嬉しくもあり、楽しさも感じる瞬間です。

施設内ツアーの様子 @2階の宿泊棟

今回のように3密回避を遵守いただきながら快適に過ごされる様子を拝見して、今後もこのような利用の在り方を増やしていきたいと考えています。

風の帰る森は、一般利用(ただし有料ですが・・・)が可能です。図書室以外にも貸し出し可能な空間はありますので、企業研修や教育関係の実習(課外授業)など、施設を利用して実施したいとご希望される方からのお問い合わせを受付中です。

コロナ禍ですが、自然に囲まれた環境で心身ともにゆっくりと過ごせる場所にありますので、是非ともご検討ください。

あんしぇー、またやーさい!

施設開放イベント

はいさい! 帰風舎 事務局です。

今日は、第1回目の施設開放イベントを開催しました。緩やかに一般向けの開放を行っていくことになりますが、ご理解とご協力のもと、できるだけ多くの方に風の帰る森へ足を運んでいただけるように考えています。

今回のイベントは記念すべき島民むけの開放と位置付けて企画しました。条件としては、人数制限ありの事前予約制にも関わらず多数の申込をいただきました。風の帰る森への期待値が感じられ、改めて身の引き締まる想いです。

今日は、対象とした親子づれや島で子育て支援をされている方々が参加され、終始和気あいあいとした雰囲気で時が流れていました。

開放イベントは、今日を含めて全8回の予定で準備を進めています。これには、地域の方々と一緒に創るという目標もあり、新たな試みを実践していこうと考えています。

今日は、島内で幼稚園や小学校などで読み聞かせをされている「ふくぎのくくる」のみなさんにご協力いただき、風森文庫を使っての読み聞かせをゲスト向けにしていただきました。

熟練された読み聞かせは、乳児から大人まで引き込まれている感じでした。風森文庫を活かした読み聞かせは、今後も島内の方が代わる替わる担当してくださいます。ありがたいー!!!

ここ風の帰る森には、児童書や絵本が約5000冊あります。これらは全てありがたい宝物であり、訪れる皆さんが手にとって思いおもいに楽しんでいただきたいという想いのこもったものです。今日はじめて来られた方々は、手にとり「懐かしい!」とか「こんな本あるんだ〜」など色々な声が聞こえてきました。一般開放できた際には、風森文庫をぜひ楽しみに来てください。

ふくぎのくくるの方による読み聞かせの様子

イベントには、島内から講師を招いてワークショップを企画していきます。今日は、木工家の宮良耕史郎さんを招き、木に触れて表情の変わる手法を参加者に体験してもらえる内容を用意していただきました。

島の木工家によるワークショップの様子

ちなみに今日のメニューは、キーホルダー作りでした。非常に簡単な工程で、加工された杉の木に久米島産のピーナッツ(ここがミソです)をウエスに包んで木槌でトントン叩き、染み出た油を刷り込むことで木目がクッキリと浮かんでくるという手法でした。これには参加者一同が自然と笑顔になり、夢中で楽しんでいました。紐を長くしてペンダントにしている方もいました。

木を触るっていいですね!

出来上がったキーホルダー(毛糸もポイントです)

テーマが「はじめての風森体験」なので当然のごとく館内案内が付いています。ここがどういった経緯で今に至るのか、そしてこれからどのように進化していくのかなど大切している想いを伝えながら、館内各所を内覧いただきました。

はじめて触れる建物とそこに詰まった想いをこの機会を通して1人でも多くの方にお伝えしていきたいと考えています。

参加者にはワンドリンクが付いていますので、参加者各自のタイミングでカフェカウンターに来られ、ドリンクの提供を行いました。

島の珈琲焙煎師(マキノコーヒー)と共同で作った「風森オリジナルブレンドコーヒー」は大変好評でした! 海を眺めながら、虫の音を聴き、片手に本を持って、ゆっくりと過ごす・・・この贅沢な空間は風の帰る森にしかないです!

カフェカウンターでの様子

そんなこんなで緊張の第1回目の開放イベントは、無事に終了しました。これも事前に準備に関わってくださったすべての方のおかげです。

まだ始まったばかりですが、引き続き共に創っていけることを楽しみにしていますし、次回以降で参加される皆さんとここでお会いできることを心よりお待ちしています。

最後にこのイベントは、公益社団法人 沖縄県地域振興協会の後援により運営しています。

あんしぇー、またやーさい!

風森スタッフの日常

「風の帰る森」を管理運営する帰風舎(キフウシャ)事務局です。

私たちは、現在メンバー8名で施設と事業運営を行なっています。まだまだ駆け出しはじめたところですが、ご縁があっての仲間です。

さて、このメンバーそれぞれに役割がありますが、細かいことは割愛します。 これまであまりブログにも載せていなかったのですが、スタッフの日常なるものを少しだけ紹介できたらと思います。

現在は、学童クラブが週6日で開所しており、アルバイトやボランティアのメンバーを合わせると15名ほどの仲間が日々子どもたちと遊び、学びながら見守り、支援しています。

ある担当は、子どもたちの安全第一を考え、送迎ルートや放課後の過ごし方、子ども1人ひとりの発達状況を把握しながら接し方や対応を考えています。そして保護者や学校、役場との連携も重要な任務として日々顔晴っています。

学童受け入れ前の打ち合わせをするスタッフたち

平日は、30名以上の子どもたちが放課後を風森で過ごしています。みんな伸び伸びと思い想いに活動していますよ。ハイ、ご覧の通りジャンプ1番!笑

大人気のトランポリン

時には、島内の支援者も顔を出してくれます。その時は記念撮影!

寄贈いただいた方(中央)を囲んで子どもとスタッフで記念撮影

ある担当は、朝から厨房に入り子どもたちのおやつや昼食(基本ノンアレルギー)を一所懸命に手作りしています。手出しできない者としては頭が下がるばかりです・・・。

黙々と仕込むスタッフ

ある担当は、施設管理を一手に細かい業務をこなしながら、周辺整備もせっせと笑顔でやってしまうので本当に頼りになります!

施設はメンテナンスを怠れないので、日々できることを積み重ねているのですが、なによりもまずは玄関を清めながら館内全体へ手足を伸ばして掃除していきます。これが非常に良い運動!?になったりするのです。

玄関ピカピカ気持ちいい!

またある担当は、法人全体を管理しつつも宿泊者のフロント業務から朝食作りまでこなし、日夜問わずフル稼働で頑張っています。心強いです!

島外からの宿泊者を迎え記念写真

他にも産休中で現場に入らずも文庫管理や事務局内のことを縁の下から支えてくれているスタッフもいます。

そして施設周辺の景観作りをしてくれている共同体的なメンバーも2名います。暑い中、必死のパッチで頑張っています。目の前の公園で子どもたちが遊べるのも近い将来やってきます。

芝生を張っている様子

そんなこんなで公共性のある一般開放はまだ少し先になりそうですが、徐々に島民の方や島外の方にも触れていただける機会を設けていきます。

ザッとでしたが、帰風舎スタッフの日常の一部を紹介しました。

風の帰る森が、自然と人とのより良い関係を作るための新たな場となるようにこれからも日々スタッフ一同で積み上げていきます。

あんしぇー、またやーさい!

島内外の皆さまへ

はいさい! 風の帰る森 事務局です。

ブログをご無沙汰しているうちに季節も秋になりました・・・。久米島も朝夕すっかり涼しくなり過ごしやすくなりました。

さて、この数ヶ月ですが、風の帰る森では施設の利用範囲を広げてきました。例えば、宿泊機能の稼働です。

これに伴い、食堂と図書室も開放され利用いただくのですが、ゆったりと過ごしていただける状況でもあり、単身から3世代家族、ご友人グループそれぞれの楽しみ方が観られました。

9月までは島内在住の方限定での開放でしたが、この10月からは島外の方にもご利用いただけるように準備しました。まだまだ段階的な営業形態ですが、少しでも多くの方に風森での時間を楽しみ、味わっていただければ幸いです。

写真上がroom A 写真下がroom B/C
room Dと食堂
図書室
周辺の自然 @銭田森林公園
風森宿泊用の冊子より抜粋

風の帰る森では、withコロナ対策を講じて、国が提示するGo Toトラベルキャンペーン事業の参加条件を満たし、事業者登録が済んでおります。

その対象は【島外向けプラン】だけでなく、【島内向けプラン】も適用されますので、島民の方にも是非ともご検討いただきたいです。

島外向けプランは、当面の間【1グループ貸切】のみ承ることとします。この点、ご容赦ください。

1グループ=ご家族、ご友人同士、会社、学校…etc、風の帰る森を貸切状態で周囲を気にせずゆったり過ごせます。

ただし・・・、風森では月〜土まで学童クラブが開所していますので、時間帯によっては施設内での共存が生まれます。よって、この最重要な事項にご了承いただいた上でご予約のご検討をお願いいたします。

宿泊に関するお問い合わせは、yoyaku*kazenokaerumori .comまでお願いいたします。【*を@に変えて送信してください。】

■GoToキャンペーン宿泊対象期間:2020年10月1日チェックイン~2021年1月31日チェックアウト※事業予算が上限に達し次第終了となります。

ご予約フォーム(島外向け)https://forms.gle/iJscdAEFC56oA8tZ7

島民の方は、大変恐れ入りますがメールでのお問い合わせをいただき、島内向けプランのご予約フォームを送らせていただいております。よろしくお願いいたします。

長々と書きましたが、今月からは他にも色々と動き出します。ブログもしっかりと更新していきますので、引き続きお付き合いください。

あんしぇー、またやーさい!

一杯いかがですか?

こんにちは。帰風舎事務局です。

今日も澄んだ青い空に真っ白な入道曇がモクモクと浮かぶ様な、夏真っ盛りの久米島です。

さて現在オープン準備中の「風森食堂」ではオリジナルブレンドコーヒーを開発中です。

開発には、島内で自家焙煎コーヒー豆の販売やカフェを経営する

マキノコーヒー

さんに全面協力いただきました!

違う種類の豆をブレンド頂き、数種類の味比べをしました。

「酸味があって美味しい」

「これはチョコレートに合いそうな苦味」

「あっさりで万人受けするかなー?!」

など、

マキノコーヒーさんにサポート頂きながら、スタッフみんなで意見を出し合い、試飲を繰り返しました。

そして試行錯誤を重ねた末にようやく、

オリジナルブレンドコーヒーが完成しました!

食後に、休憩に、リフレッシュに、、

様々なシーンで楽しんで頂ける自信の一杯です。

オープンしましたらぜひ風森食堂にてお楽しみください🎶

いただきます!

こんにちは。帰風舎事務局です。

ゴーヤ

オクラ

パパイヤ

モーウィ(赤ウリ)

紅芋

今の時期が一番美味しく栄養満点、今しか味わうことができない島野菜たち。

最近いろんな夏野菜を島内のスーパーや商店で見かけます。

旬なので価格もとってもお手頃なのも嬉しいです。

「自分が住む土地で取れた野菜を頂くことが、一番の健康法」

と島のおじぃに教えてもらったことがあります。

島の人の元気はこれが土台なのかもしれません。

さてさて、

私たちは施設内でご飯を食べたり、ちょっと休憩できる場所を準備中です。

その名も、、、

「今日は家の夕食の支度はお休みして家族でのんびり、風森で晩御飯。ご飯が終わったあとは少しだけ本を読んだり、お茶を楽しんだり…」

気軽に足を運んで頂ける様な、家族の団らんをイメージしています。

食事は、

彩りや栄養バランス、食材選びに配慮した家庭的なメニューを開発中です。

できる限り島の食材を使い、彩豊かで、栄養バランスに配慮した食事。

子どもも大人も楽しめて、また食べたいなと思える様な飽きない味付け。

もちろん食事は愛情いっぱい、一生懸命作った手作りです。

一人で食べるもよし。

気心知れた仲間とゆっくり食べるもよし。

家族揃って食べるもよし。

現在、絶賛『準備中』……!

(施設の一般開放は現在行なっておりません)

どうぞお楽しみに。

施設の一般開放について

こんにちは。帰風舎事務局です。

沖縄地方の梅雨明けと同時に真っ青な青空が眩しい久米島です。

パキッとした青い空と海、久米島の緑豊かな山々のコントラストがとっても綺麗な季節になりました。

さて施設の一般開放(利用)についてお知らせです。

最近、

「もうオープンしているの?」

「いつから図書室が使えるの?」

などなど、

施設利用についてたくさん問い合わせを頂きます。

一般開放(利用)の状況ですが、

現在、施設の一般開放(利用)は行っておりません。

今年度から学童クラブはスタートしていますが、現在は学童クラブに通っている子どもたちの安全対策を優先させて頂いている状況です。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い宿泊・飲食・図書の利用については感染拡大防止に必要な対策を実施した上で段階的にオープンする予定です。

改めて、

日頃より風の帰る森プロジェクトを応援頂いているみなさま

オープンを心待ちにして頂いているみなさま

「準備中」の期間が大変長く、お待たせして本当に申し訳ありません。

オープン後は入館者数の制限やマスク着用等の感染防止策を行いますで、ご理解、ご協力についてよろしくお願いします。

みなさまと施設でお会いできることをスタッフ一同、心より楽しみにしています。

あとすこーし、、、

温かく見守って頂けると嬉しいです。