風の帰る森について

風の帰る森は、久米島町が推進する「風の帰る森プロジェクト」の総称です。

なんのために

このプロジェクトは、自然への畏敬の念を持ち、久米島の環境保全と自然再生に向かい、未来の子どもたちが希望を持ち、安心して暮らすことができる社会づくりのためにあります。

プロジェクトエリア(久米島の東部)の拠点にあたる銭田森林公園には、子どものための交流施設として「風の帰る森交流施設」があります。

なにをするか

建物の目の前には蒼い海が広がり、背面には塩原(スハラ)の山に囲まれ、とても気持ちの良い風が吹いています。この原風景をありのままで残し、里山づくりと里海づくりを目指していきます。

拠点となる施設には、児童書を中心とした5000冊を超える本を収蔵する風森文庫、親子でゆったりと宿泊できる4つ部屋、訪れた人びとが利用できる風森キッチンなどで構成されており、あらゆる活動の場所として利用しています。

2020年より、久米島町の放課後児童クラブ(風森学童)として島内の子どもたち(小学生)が放課後に集まる場所にもなっています。

どうやってするか

久米島町が中心となって、社会との調和の上に発展する会社とともに、価値創造を共有し目的に向けて取り組んでいきます。

風の帰る森交流施設は、2020年度より久米島町から指定管理を受けている「一般社団法人 帰風舎」が運営及び関連する事業を行なっています。

ブログ

風の帰る森について

風の帰る森は、久米島町が推進する「風の帰る森プロジェクト」の総称です。

なんのために

このプロジェクトは、自然への畏敬の念を持ち、久米島の環境保全と自然再生に向かい、未来の子どもたちが希望を持ち、安心して暮らすことができる社会づくりのためにあります。

プロジェクトエリア(久米島の東部)の拠点にあたる銭田森林公園には、子どものための交流施設として「風の帰る森交流施設」があります。

なにをするか

建物の目の前には蒼い海が広がり、背面には塩原(スハラ)の山に囲まれ、とても気持ちの良い風が吹いています。この原風景をありのままで残し、里山づくりと里海づくりを目指していきます。

拠点となる施設には、児童書を中心とした5000冊を超える本を収蔵する風森文庫、親子でゆったりと宿泊できる4つ部屋、訪れた人びとが利用できる風森キッチンなどで構成されており、あらゆる活動の場所として利用しています。

2020年より、久米島町の放課後児童クラブ(風森学童)として島内の子どもたち(小学生)が放課後に集まる場所にもなっています。

どうやってするか

久米島町が中心となって、社会との調和の上に発展する会社とともに、価値創造を共有し目的に向けて取り組んでいきます。

風の帰る森交流施設は、2020年度より久米島町から指定管理を受けている「一般社団法人 帰風舎」が運営及び関連する事業を行なっています。

法人概要

一般社団法人帰風舎

当法人は、銭田森林公園内に在る施設「風の帰る森」に伴う運営及び関連する事業を行なっています。

主な事業

(1)「風の帰る森文庫」管理事業

(2)学童保育(放課後児童クラブ)運営事業

(3)宿泊(保養)・物販・飲食・サービス事業

(4)前各号に付帯する一切の業務

お問い合わせ

●施設利用や風の帰る森プロジェクト等に関するお問合せ

mail※kazenokaerumori.com

●宿泊予約に関するお問合せ

yoyaku※kazenokaerumori.com

(メールアドレスは「※」を「@」に変換してご利用ください。)

●お電話でのお問合せ

098−996−3301(代表)