風の帰る森について

風の帰る森とは、久米島町が推進する「風の帰る森プロジェクト」の総称です。

このプロジェクトは、自然への畏敬の念を持ち、久米島の環境保全と自然再生に向かい、未来の子どもたちに手渡すことを目的としています。

プロジェクトエリア(久米島の東部)にある銭田森林公園内には、子どものための場所として「風の帰る森交流施設」が建っています。

建物の目の前には蒼い海が広がり、背面には塩原(スハラ)の山に囲まれ、とても気持ちの良い風が吹いています。ここは、震災にあった子どもたちや心や身体にケアを要する子どもたちが、自然の中で時間を忘れて過ごすことができる場所にという想いが込められ、2020年に開館しました。

当施設は、児童書を中心とした5000冊を超える本を収蔵する風森文庫、親子でゆったりと宿泊できる4部屋、訪れた人びとが利用できる風森食堂などで構成されています。

また久米島町の放課後児童クラブ(風森学童)として島内の子どもたちが放課後に集まる場所でもあり、訪れた子どもたちと一緒に遊び過ごすことができる場所にもなります。

風の帰る森交流施設は、2020年度より久米島町から指定管理を受けている「一般社団法人 帰風舎」が運営及び関連する事業を行なっています。

ブログ

風の帰る森について

風の帰る森とは、久米島町が推進する「風の帰る森プロジェクト」の総称です。

このプロジェクトは、自然への畏敬の念を持ち、久米島の環境保全と自然再生に向かい、未来の子どもたちに手渡すことを目的としています。

プロジェクトエリア(久米島の東部)にある銭田森林公園内には、子どものための場所として「風の帰る森交流施設」が建っています。

建物の目の前には蒼い海が広がり、背面には塩原(スハラ)の山に囲まれ、とても気持ちの良い風が吹いています。ここは、震災にあった子どもたちや心や身体にケアを要する子どもたちが、自然の中で時間を忘れて過ごすことができる場所にという想いが込められ、2020年に開館しました。

当施設は、児童書を中心とした5000冊を超える本を収蔵する風森文庫、親子でゆったりと宿泊できる4部屋、訪れた人びとが利用できる風森食堂などで構成されています。

また久米島町の放課後児童クラブ(風森学童)として島内の子どもたちが放課後に集まる場所でもあり、訪れた子どもたちと一緒に遊び過ごすことができる場所にもなります。

風の帰る森交流施設は、2020年度より久米島町から指定管理を受けている「一般社団法人 帰風舎」が運営及び関連する事業を行なっています。

法人概要

一般社団法人帰風舎

当法人は、銭田森林公園内に在る施設「風の帰る森」に伴う運営及び関連する事業を行なっています。

主な事業

(1)「風の帰る森文庫」管理事業

(2)学童保育(放課後児童クラブ)運営事業

(3)宿泊(保養)・物販・飲食・サービス事業

(4)前各号に付帯する一切の業務

お問い合わせ

「風の帰る森」についてのお問い合わせは、
「mail※kazenokaerumori.com」までご連絡お願いいたします。
(メールアドレスは「※」を「@」に変換してご利用ください。)