風の帰る森にある風景(未来)

はいさい!

事務局のユキオです。

 

8月も終わり、はや9月!

まだ残暑厳しいですが、秋を感じはじめる時季ですね。

 

8月、久米島では祭りや各字でのイベント、そして旧盆などがあり、観光客だけではなく島人を身近に感じる月間であります。

普段みかけない人たちが、ここぞとばかりに1点に集中します。わぁ!って感じです。

そんな日常の中には、風の帰る森が見据える風景に出会える時があります。

オタマジャクシに夢中になる子どもたち
浜辺で連なり電車ごっこをする子どもたち

子どもが
夢中になって遊ぶ時間がある

あらゆる感覚を使って遊ぶ空間がある

遊びを豊かにする仲間がいる

旧盆エイサーの様子

大人と子どもが
共に育ちあっている

共に育んでいる


素朴な欲求が自然と湧き上がってくる。

「知らない」ということを知った日。


そんな場所になればいい。

そんな日になればいい。

 

そんな風景に出会えたら楽しくて、嬉しくて・・・

 

近い未来、みんなで共に楽しく学べたら最幸さぁ〜♬

な〜んて思いながらの9月スタート!

よんなーよんなー顔晴っていきましょう!