伝統のウマチー

はいさい!

事務局のユキオです。

8月に入り、久米島も繁忙期の賑わいを感じる今日この頃です。

 

さて、6月に続き伝統のウマチーを見学させていただきました。

前回の5月ウマチーは、旧暦5月15日に新穀の豊作を祈願する稲穂祭であり、

今回は旧暦6月15日を中心に行われる、収穫の喜びと感謝を表す稲大祭(いねたいさい)とのこと。

同じように見えて意味の違いを知り、琉球における伝統文化を体現しました。

      君南風殿内の様子
      拝所に向かう一向
       拝所での様子

 

今後も久米島における文化や生活スタイルなど、長い年月をかけ具体的な形として定着したものを抽出(再発見)し、現代の文化と生活に結びつけ、具体的で持続可能な地域モデルを築くことに尽力したいです。

人が人らしく生きることができる場所をつくること、自然への畏敬の念をもち、次世代に繋いでいくことが、今日を生きる私たちの課題でもあると風森メンバーでよく話しています。

さて次に目にする伝統的なものは何か、でーじ楽しみです。