風森文庫 プレイベント開催

はいさい!

2018年も残りわずかとなりました。

天気も変わりやすく、気温も同様に高低差があり、体調管理に油断禁物です。

 

さて、先週末14〜16日まで、初の冠イベント「風の帰る森 図書室プレイベント」を久米島博物館と共催させていただきました。

本館工事も順調に進む中、1階と2階に設けられる予定の図書室には、寄贈いただいた絵本や児童書を中心にさまざまな本が、約3、600冊(12月13日現在)あります。

今回、それらを全て披露すると共に、ワークショップや読み聴かせを行い、来場いただいた方々にゆっくりと楽しんでもらいたいと企画しました。

 

企画準備から開催まで、たくさんの方にサポートをいただき、結果としては素晴らしいイベントとなりました。

3日間で述べ200名以上の方が会場に足を運んでくださり、来場者は乳幼児からおじぃ、おばぁまでいらっしゃって、アットホームな空間となりました。

絵本と児童書
外国語の本
文庫
お話し会アイテム
絵本読み聞かせの様子。 島の子どもたちもたくさん遊びに来てくれました

 

土日で各1つワークショップも実施しました。

そのうちの1つは、絵本「ぐりとぐら」に登場するカステラをみんなで作ってみよう!と、地元の方の有り難い協力のもと大きな鍋でカステラに替わる沖縄の郷土菓子 アガラサーを作りました。

クバの葉で作った特注の蓋。被せて蒸すこと1時間….
様子を食い入るようにみる子ども
さぁ出来上がり!大歓声が♪
みんなで食べよう!

絵本も読んでストーリーを知っている子どもから大人まで、それはそれは大いに盛り上がりました。

歓声と、笑顔で美味しそうに食べる参加者の様子をみて、近い将来に風の帰る森でのゆっくりとした時間を楽しまれているイメージとして印象に残りました。

 

3日間を無事に終え、開館から閉館まで人が途切れることはありませんでした。

企画から準備をしていく過程で、担当者とサポートメンバーは凄く不安だったと思います。

「本当に足を運んで来てくれるだろうか・・・。」と担当者は何度か呟いていました。

その不安を晴らしてくれたのは、なにを隠そう時間を作って会場へ来てくださった皆さんでした。

おかげさまの成果と、今後の課題もしっかりと出て来たことで、運営していくための改善と準備に手間を惜しまず、遊びゴコロも忘れずに取り組んでいきたいと思いました。

 

来場してくださった皆さん、イベントをサポートしてくださった皆さん、そして会場の提供を快く受けてくださった久米島博物館の皆さん、本当にありがとうございました。

 

また来年は、よりよく風の帰る森プロジェクトが活動できるように、公・民一体となって共に創っていきますので、乞うご期待ください!

あんしぇー、またやーさい!